小切手と手形の違いは何?

小切手とは金額が記入された紙のことで現金の代わりとなります。
小切手は即座に現金化出来ますので当座預金に記入する金額以上のお金が入っていないと小切手を振り出すことが出来ません。
原則として必要事項を記入した神であれば法律的には使用可能です。
一般的には銀行が交付する小切手用紙に書き込む形式のものが使用されます。
ちなみに銀行が交付していない小切手は銀行で換金することは不可となります。
小切手の取引に使用する当座預金口座を開設することで小切手用紙の交付を受けることが出来ます。
金額・振出日・振出人と予め必要事項が印刷されていますので、内容を記入するだけで小切手は完成します。
小切手を支払い銀行に持って行き請求することで現金化出来ます。
窓口に持って行かなくても取引銀行に依頼して取立委任することで小切手分の金額を振り込んでもらうことも可能です。
換金できる期間は振出日の翌日から数えて10日目までとなります。

手形とは一定期間後に支払うことを約束して発行するものです。
小切手とは異なり取引時点で必要金額が手元になくても発行が可能です。
為替手形と約束手形の2種類があります。
三者間の取引を伴う手形を為替手形といいます。3社の債権債務を一度に片付けられるので便利ですが、日本で使用されることは殆どありません。
約束手形は銀行発行の元約束手形用紙に金額・振出日・支払期日・受取人・住所氏名を記入します。
受取人は空欄でも良く、裏書をしない状態で譲渡することが出来ます。
銀行届出印を押印し、10万円以上の場合は印紙を貼り消印が必要となります。
手形は支払期日が到来するまでお金を回収することが出来ません。
但し金融機関に手形を買い取ってもらうことで期日前に現金を回収することも出来ます。
この場合、支払期日までの利子分を手形の表示された金額から引かれた金額を受け取ります。気になる人はコチラから